| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

企業キャラクターの商標登録

企業キャラクターのイメージ写真

企業キャラクターや、地域キャラクターは、商品・サービスの営業マンの役割を果たします。しかも、時間・場所を問わずに働いてくれます。
キャラクターを事業で活用する企業や地域も多く見られるのは、ご存じの通りです。

このようなキャラクターは、知的財産である「商標」になり得ます。
ですから、他人によるモノマネ・無断使用・悪用を防止することが大切になります。
そして、その有効な手段の一つとして、「商標登録」を挙げることができます。

そこで、本ページでは、企業キャラクターや地域キャラクターの商標登録について、そのメリットや方法などをご紹介いたします。

なお、キャラクターの保護全般に関すること、商標登録の有効性の詳細については、「キャラクターの商標登録と保護のポイント」をご参照ください。


1.キャラクターの商標とは?

「商標」とは、自分と他人の商品・サービスを識別する標識です。
よって、商品・サービスについて使用される企業キャラクターや地域キャラクターも、商標になり得ることになります。

具体的には、以下のようなものが商標になり得るでしょう。


キャラクターの商標

1.名前・名称・ネーミング
2.絵柄・イラスト

「1.名前・名称・ネーミング」は、「文字の商標」ということになります。
文字に装飾がされており、ロゴタイプとなる場合もあるでしょう。
また、「2.絵柄・イラスト」は、実務上「図形の商標」として取り扱われます。


2.商標登録のメリットとは?

商標登録をすると、「商標権」という強力な権利を取得できます。
商標権があると、たとえば以下のようなメリットがあります。


商標登録のメリット

1.その商標を独占して使うことができる。

2.他人が同じ商標を使うのを禁止することができる。

3.他人が似ている商標を使うのを禁止することができる。

4.ライセンスしたり、売ったり等、財産としても活用できる。

5.「®」を付けて、社会的信用のアップに貢献する。

※上記は、商標登録をした商品・サービスの範囲内に限られます。

商標登録は、キャラクターの保護と活用に役立つことがわかると思います。

なお、商標権の効力は、日本全国に及びます。
また、現実世界だけでなく、インターネット上での使用にも及びます。

ちょっと質問(企業キャラクターの商標登録①)

:漫画・アニメ・ゲームの登場キャラクターも商標登録した方が良いですか?

:商標とは、商品やサービスの識別標識のことを言います。よって、国民的有名キャラクターに至っているような場合を除いて、漫画・アニメ・ゲームなどの登場キャラクターが「商標として」用いられるケースというのは、現実的にあまりないのではないかと思います。

商標登録をするにこしたことはありませんが、これらは基本的には商標登録には馴染まず、著作権によって保護をするというのが一般的でしょう。商標登録をしても、「実質的に意味がない」ことになる可能性もあります。ただし、キャラクターの名前や名称については著作権では保護できませんので、造語性が特に高い場合などは商標登録を検討する余地もあるでしょう。



3.商標登録はどうやってするのか?

商標登録をするためには、特許庁への申請(出願)が必要です。
そして、所定の審査をパスすることで登録が認められます
申請をすれば必ず登録されるというわけではないので、ご注意ください。

申請には、申請書となる「願書」を作成して提出します。

願書には、登録したい商標を記載します。
キャラクター商標の場合、上述のように名前やイラストを記載することになります。
なお、願書は商標登録をしたい商標ごとに、作成する必要があります。
たとえば、企業キャラクターの名前とイラストを別々に商標登録したい場合は、2通の願書を準備することが必要です。

また、願書には商標を使用する(保護を受けたい)商品やサービス等を記載します。
商品やサービスは、クラス(区分)ごとに、具体的に記載する必要があります。

商品・サービスの「クラス(区分)」とは?

実務上、世の中の商品・サービスは、種類や用途などによって45のクラス(区分)に分類されています。
たとえば、化粧品は第3類、薬剤は第5類、文房具類は第16類、被服は第25類、おもちゃは第28類、菓子は第30類・・・、といった具合です。

願書には、この区分と、そこに分類される具体的な商品・サービスを、併せて記載します。記載した商品・サービスに基づいて、商標登録による保護範囲や、商標権の効力範囲が定まりますので、慎重に検討・選択する必要があります。

商標登録をするには費用がかかります。
金額は、願書に含める上記クラスの数によって変動します。
クラスの数が増えれば増えるほど、手数料が加算される仕組みです。
つまり、基本的に商標を保護したい商品やサービスの範囲が広くなればなるほど、費用が多くかかるということになります。一般的には、クラスの数は1~3つ程度となるのがほとんどですが、キャラクター商標の場合はケースバイケースです。

なお、審査結果が出るまでには約7~9か月がかかります。
思いのほか時間を要しますので、1日も早い申請が重要です。

ちょっと質問(企業キャラクターの商標登録②)

:イラストに多数のデザインパターンがある場合、どうしたら良いですか?

:企業キャラクターや地域キャラクターのイラストには、1つのキャラクターについて多くのデザインパターンが存在していることが少なくないと思います。それらのイラストのすべてに商標登録をすると、莫大な商標登録費用がかかってしまいますので、悩ましい問題と言えます。

この場合、キャラクターのイラストは著作権でも基本的に保護できることを考慮すると、特に重要度が高いと考えられるデザインのイラストを商標見本として登録するのが良いと思います。通常は、そのキャラクターの「基本ポーズ」や「基本形」のイラストが、選択されることが多いでしょう。もちろん、実際に商品・サービスの商標として使用されているデザインパターンが他にあれば、そのイラストの優先順位は高くなります。ですので、やはり複数のデザインパターンを商標登録した方が望ましいというケースもあるでしょう。迷った場合は、まずは弁理士などの専門家にご相談されることをオススメいたします。


4.願書で指定する商品・サービスとは?

上述の通り、願書には商品・サービスを記載することが必要です。
通常は、その企業キャラクター・地域キャラクターの商標を使用する(使用する予定のある)商品・サービスや、商標登録によって保護をしたい(=他人に使われたくない)商品・サービスを指定することになります

どのような商品・サービスを具体的に指定するかは、ケースバイケースと言えます。
たとえば、企業キャラクターであれば、主に自社の事業内容に関連する商品・サービスを指定することになるでしょう。また、地域キャラクターであれば、その地域の名産品・特産品たる商品や、地域的な強みのあるサービスを指定することが考えられるでしょう。

キャラクターグッズを制作して販売する予定があれば、それらのグッズとなる商品群についても、商標登録を受けて保護を万全にするのが望ましいと言えます。

グッズで比較的多いものとしては、以下の区分に含まれる商品が考えられます。

  • 第3類:  せっけん類、入浴剤など
  • 第5類:  衛生マスク、ばんそうこう、おむつなど
  • 第9類:  スマホ用の保護ケース・ストラップ、画像ファイルなど
  • 第14類: キーホルダー、アクセサリー類、時計など
  • 第16類: 文房具類、印刷物、写真立てなど
  • 第18類: かばん類、財布、キーケース、ポーチ、傘など
  • 第20類: クッション、まくら、うちわなど
  • 第21類: 歯ブラシ、食器類、弁当箱、水筒、貯金箱など
  • 第24類: ハンカチ、タオル、ブランケットなど
  • 第25類: 被服、帽子、履物など
  • 第26類: バレッタ、リボンなど
  • 第27類: レジャーシートなど
  • 第28類: おもちゃ、人形など
  • 第30類: 菓子、パン、茶など
  • 第32類: 清涼飲料、果実飲料など

取り扱う商品すべてをカバーするのが理想ですが、それだけ多くの費用がかかってしまいますので、費用対効果を考慮して優先順位をつけることも大切になるでしょう。

その他、各自の必要性に応じて、商品・サービスを追加してください。
必要性の詳細については、弁理士などの専門家にご相談ください。

具体的な商品・サービスの検討にあたっては、特許庁の「類似商品・役務審査基準」が大変役立ちますので、ご参照ください。

※注:上記は2019年1月現在の情報に基づくものです。今後、商品・サービスの分類が変更となる可能性がありますので、あらためて各自でご確認願います。


ちょっと質問(企業キャラクターの商標登録③)

:キャラクターイラストの商標登録で、特に注意することはありますか?

:権利処理関係を必ずクリアにしてから申請するようにしてください。
通常、キャラクターイラストには著作権が生じていますので、権利処理関係がうやむやなままで商標登録をすると、後で創作者(イラストレーター等)との間でトラブルとなる可能性があります。公募によって企業キャラクターや地域キャラクターを採用する場合も同様です。

また、当然のことではありますが、他人の創作したキャラクターイラストを自分の商標として勝手に商標登録するようなことは、絶対にしてはいけません。


当事務所がお手伝いできること

当事務所では、弁理士が商標登録の代行サービスをご提供しております
企業キャラクター、地域キャラクターの商標登録も承っております。

当事務所は、商標専門の特許事務所です。
商標実務経験10年以上の代表弁理士が、ご依頼を担当させていただきます。
Eメールがご利用できる環境があれば、全国対応が可能です。

商標仮面イラストガッツポーズ

専門家に依頼することで、審査にパスできる可能性を高める申請書の作成、適切な権利の取得、商標を登録・使用する際の適確なアドバイスにご期待いただけます。

当事務所の特徴
  当事務所の特徴の詳細はこちら
  当事務所のサービスにおける考え方
  このような依頼人の方に向いています!(マッチングチェックページ)

当事務所へのご相談・ご依頼方法の確認などは、以下のフォームよりかんたんに行なっていただけます。※初回相談無料ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。
ご相談の後に、電話等による煩わしい売り込みはいたしません。ご安心ください。
※当事務所へのご依頼は、Eメールがご利用できることが必須となります。
  サービスご提供までの流れ

かんたんお問い合わせ

お見積もり依頼

<初回無料相談について>
※ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
 なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。
※弁理士には法律により厳しい守秘義務があります。
 内容が第三者に開示されることはありませんので、ご安心ください。