| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

ブライダルサービスの商標登録

結婚式のイメージ

婚礼は、人生の一大イベントです。

男女の新しい門出を、より華やかに、より記憶に残る形にするため、婚礼に関する「ブライダルサービス」を提供する企業も増えてきました。結婚式をプロデュースする「ウエディングプランナー」という職業も、近年注目されています。

一方で、現在は晩婚化が進んでいるとも言われています。
そのためか、結婚相談サービス婚活パーティーの企画などを提供する企業も増加傾向にあるように思われます。

現在は、厳しい競争の時代です。
いずれの事業分野においても、他社との差別化が必要です。
そこで、各社ともにオリジナルのサービス名、プラン名、ロゴマーク、施設名等を採用することが少なくありません。

そして、このような名称は「商標」になりますから、事業を有利にするためにも、商標対策が重要になってくると言えます。

商標対策の中でも特に重要度が高いのが、商標登録です。
本ページでは、婚礼・結婚式・ウエディングに関するブライダルサービスの商標登録について、その概要、メリット、登録申請の方法などについてご紹介いたします。


商標登録のメリット

商標仮面イラスト〇

ブライダルサービスに関するサービス名、プラン名、ロゴマーク、施設名、会社名は「商標」になり得ます。そして、これらの「商標」については、特許庁に申請をして審査にパスすることで、「商標登録」を受けることができます。

商標登録を受けると、「商標権」という強力な権利が発生します。

商標権があれば、権利の範囲内で、その商標を自分だけが独占して使うことができます。また、他人が無断で使っている場合には、使用の中止や損害賠償を求めることも可能です

自分だけが使えることで、他社との差別化を促進できます。
また、他人の模倣や便乗商法を防止することもできます。
なにより、商標登録をすれば、安全・安心に商標を使えるお墨付きを得たのも同然で、競業者からのクレームなどに怯える必要がなくなります。

このように、商標登録には多くのメリットがあるのです。


商標登録の方法・流れ

商標登録の申請をするためには、申請書となる「願書」を特許庁に提出します。

願書には、登録を受けたい商標と、それを使用する商品やサービス等を記載します。
なお、指定する商品やサービスは、機能や用途などによって45のクラス(区分)に分類されています。つまり、願書には、このクラスとそこに分類される具体的な商品・サービスを併せて記載することが必要です。

商標登録をするためには、費用が必要です。
手数料の金額は、クラスの数によって変動します。
クラスの数が増えれば増えるほど、手数料が加算される仕組みなのです。
よって、むやみに権利範囲を広くしようとすると、記載するクラスが増えて、かかる費用が膨大となってしまうため注意が必要です。

申請後、その内容が特許庁で審査されます。
登録を認めても良いと判断された場合、登録料を支払って、無事登録となります。
一方、理由によっては、登録が認められない場合もあります。

現在、審査結果が出るまでには、約6~7か月がかかります
思いのほか時間を要しますので、1日も早い申請が重要です。


願書に記載する商品・サービス

では、ブライダルサービスの商標登録を申請する際に、願書で指定する商品・サービスのクラス(区分)を見てみましょう。

商標仮面イラスト腕組み

実際には、サービス提供主体(結婚プロデュース会社、結婚式場等)や、商標の内容(サービス名、プラン名、ロゴマーク、施設名、会社名等)によって、個別具体的に検討する必要がありますが、ほとんどの場合は、以下のような第45類のサービスを主に指定することになるでしょう

第45類
  • 婚礼(結婚披露を含む。)のための施設の提供
  • 結婚又は婚礼に関する企画
  • 結婚又は婚礼に関する情報の提供
  • 婚礼(結婚披露を含む。)に関する指導・助言
  • 婚礼(結婚披露を含む。)に関する相談又は企画
  • 婚礼(結婚披露を含む。)のための施設の紹介・取次ぎ
  • 婚礼(結婚披露を含む。)の執行
  • 婚礼の執行に関する情報の提供
  • 婚礼のための司会
  • 婚礼のための衣装の貸与

結婚相談所や、婚活パーティー主催企業の場合は、以下のような第45類のサービスを主に指定することになるでしょう

第45類
  • 結婚又は交際を希望する者への異性の紹介
  • オンラインによる結婚又は交際を希望する者への異性の紹介
  • パーティー形式による結婚又は交際を希望する者への異性の紹介
  • 結婚相談所における異性の紹介

サービス内容によっては、婚活セミナーや婚活パーティーの企画・開催に関連するサービスが分類される第41類も、あわせて指定する必要があるかと思われます。

また、「婚礼のための写真の撮影」は第41類、「婚礼のための花の飾り付け」や「造花の貸与(婚礼のための造花の貸与)」は第44類に分類されますので、必要に応じて追加されると良いでしょう。


※注:上記は2017年9月現在の情報に基づくものです。今後、商品・サービスの分類や記載の可否が変更となる可能性がありますので、あらためて各自でご確認願います。


当事務所がお手伝いできること

当事務所では、弁理士が商標登録の代行サービスをご提供しております。

当事務所は、横浜市青葉区にある商標専門の特許事務所です。
職人気質の代表弁理士が担当させていただきます。
Eメールがご利用できる環境があれば、全国対応が可能です。

商標仮面イラストガッツポーズ

専門家に依頼することで、審査にパスできる可能性を高める申請書の作成や、商標を登録・使用する際の適確なアドバイスにご期待いただけます。
貴社の時間や労力の節減にもつながります。

当事務所の特徴

当事務所へのご相談・ご依頼方法の確認などは、以下のフォームよりかんたんに行なっていただけます。※初回相談無料ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。
※相談後に、電話営業などの煩わしい売り込みはいたしません。
 ご依頼までの流れ

かんたんお問い合わせ

お見積もり依頼

お問い合わせの詳細について

ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
  なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。