| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

お医者さんのための商標登録

ドクターの写真

お医者さんには、内科・外科、歯科、眼科、整形外科、獣医科など様々な専門分野があります。そして、お医者さんの行なう医療行為は、公益につながる尊いものです。
その一方で、医業にも「サービス業」としての側面があると言えます。

このような医療サービスを、他者のサービスと区別するために用いられる「表示」は「商標」になり得るものです。
そして、「商標」は、「商標登録」の対象となります



お医者さんと商標登録との関係

商標登録を受けると、「商標権」という権利が発生します。
商標権は、登録した商標と同一・類似の商標を、他人が無断で使うことを禁止させることができる強力な権利です商標権の効力は、日本全国に及びます。

お医者さんの立場からしてみれば、他のお医者さんと商標のことでゴタゴタする気はないでしょうし、多忙でそういった時間の余裕もないと思います。ですので、トラブルの発生率としては、一般的な企業と比較すればきわめて低いと言えるかもしれません。

しかし、インターネットで医療機関の名称を調べてみるとわかりますが、意外と同じような病院名や、似たような医院名が存在しているのも事実です。

あなたの病院が、小さな町でこぢんまりと経営されている限りは、商標のトラブルに巻き込まれる可能性はたしかに低いでしょう。ですが、病院が有名になったり、大きくなったりすると、それをよく思わないライバルから、商標権に基づいたクレームを受けたり、病院名の使用中止を求められるリスクもゼロではありません。特に、インターネットが発達した現在においては、ホームページなどから同じ病院名や、似たような医院名を他者が使用していることは簡単に判明します。

また、似たような病院名が複数存在すれば、患者が誤認混同する可能性も増えます
患者さんが間違ったり、混乱したりしないためにも、自己の識別標識として商標を意識することは重要ではないでしょうか。


商標登録の対象になり得るもの

では、どのようなものが具体的に商標登録の対象になるのか、見てみましょう。


1.病院名などの医療機関の名称

病院名、医院名、クリニック名などの名称は、商標登録の対象となります

ただし、ありふれた名字や地域名と、「病院」「医院」「クリニック」等の語を組み合わせたような名称は、原則として商標登録を受けることはできないと考えられます
こういった名称は、自他のサービスが区別できません(商標として機能し得ない)し、特定の人に使用を独占させるというのも妥当ではないからです。

たとえば、「山田病院」、「佐藤医院」、「田中歯科」、「横浜クリニック」等が、これに該当するでしょう。なお、このような名称は商標登録できませんが、自由に使用することは基本的に問題ありません

とは言え、実際の特許庁の審査では、一見このような名称に該当する場合でも、商標登録が認められているケースも見受けられます。具体的な基準は不明確と言えますが、地域性・造語性・意味の多様性を特に含む名称の場合は、商標登録が認められる場合もありますので、まずは一度、商標を専門とする弁理士にご相談されると良いでしょう。

このような名称をどうしても商標登録したい場合は、大幅にデザイン化・装飾化したロゴ文字としたり、後述するロゴ図形やキャラクターと組み合わせて1つの商標とするといった実務上のテクニックがあります。ただし、この場合には、商標権の権利範囲が不明確になるというデメリットがあります。

他方、医療機関の名称が造語(たとえば、「アスター歯科クリニック」)でユニークとなる場合には、商標登録を受けられる可能性が比較的高いと言えますので、ぜひともご一考されることをお勧めいたします。


2.病院等のロゴ図形、キャラクターの絵柄

近年、多くの病院やクリニックが、オリジナルのロゴ図形(シンボルマーク)を採用しているのを見かけます。また、患者に安心感や親しみを抱いてもらえるように、オリジナルのマスコットキャラクターを作っているお医者さんもいるようです。

このようなロゴ図形やキャラクターの絵柄も、商標登録の対象となります

ロゴ図形は、病院等の医療機関の名称と並べて表示することが多いでしょう。
これらをまとめて1つの商標として登録しているケースも、実務上多く見られます

なお、キャラクターの絵柄については、「著作権」が発生しているのが通常です。
事前に権利関係をキチンと確認・処理することを忘れないようにしてください。


3.治療法の名称

「○○○療法」や、「○○○治療法」など、新しく治療法を開発した場合、このような名称について商標登録を受けることができる余地があります

ただ、一個人のお医者さんが関わるケースは、あまり多くないように思われます。



おわりに・・・

このように、お医者さんも商標の世界と関わりがあります

特許庁のデータベースで商標登録状況(2016年6月27日現在)を調べたところ、「○○○病院」というものは212件、「○○○医院」は41件、「○○○クリニック」は638件もありました。医療機関の名称としてはその他のパターンも考えられますので、実際にはもっと多いでしょう。意外と多くの商標登録がされていることがわかります。

ご自身の経営する病院等の差別化や、ブランド戦略のためにも、商標登録を一度ご検討されてはいかがでしょうか。

なお、商標登録にはノウハウがあります。
まずは専門家である弁理士にご相談されることをお勧めいたします。

当事務所でも商標登録の申請代行を承っております
Eメールがご利用できる環境があれば、全国対応が可能です。

専門家に依頼することで、審査にパスできる可能性を高める申請書の作成や、商標を登録・使用する際の適確なアドバイスにご期待いただけます。
もちろん、時間や労力の節減にもつながります。

当事務所の特徴
  当事務所の特徴の詳細はこちら

商標登録のご相談や、ご依頼方法の確認などは、以下の「かんたん問い合わせ」フォームよりまずはご連絡ください。また、商標登録費用のお見積りが必要な場合は、「お見積り依頼」フォームよりお問い合わせ願います。初回対応は無料です。
ご相談後に、しつこい営業電話などはいたしません。ご安心ください。
※当事務所へのご依頼は、Eメールがご利用できることが必須となります。
  ご依頼までの流れ

当事務所は、お医者さんの商標登録を応援しています。
遠慮なく、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

かんたんお問い合わせ

お見積もり依頼

<初回無料相談について>
※ご回答に有料サービスが必要となる案件は除きます。
 なお、事前のご了承なく有料サービスに着手することはありませんので、ご安心ください。
※弁理士には法律により厳しい守秘義務があります。
 内容が第三者に開示されることはありませんので、ご安心ください。