| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

Q3:ロゴマークに著作権はあるの?

ANSWER

ロゴの図案化・装飾の程度による、と言えるでしょう。
一般的には、著作権は認められにくいと考えられています

たとえば、ある文字をロゴデザイン化して、それが依然として文字と認識できるような(ロゴの構成要素として文字が大部分を占めるような)ロゴマークについては、著作権が認められないことがほとんどでしょう。

このようなロゴマークには創作性を認め難く、また、仮に著作権を認めてしまうと当該文字の独占につながり、世の中で他の人が使えなくなってしまうからです。

日本の裁判所ではこの考え方が根強く、文字要素の強いロゴに著作権が認められるハードルは高いと言えます。たとえば、過去に裁判所で以下のロゴマークに著作権が認められませんでした。

ASAHIのロゴ画像

一方、ロゴマークが文字要素だけを認識するレベルを超えて図案化・装飾されている場合や、純粋美術と同視できるほどのデザインであるような場合は、著作権が認められる余地はあるでしょう。たとえば、キャラクターイラストであれば、ほとんどの場合は著作権が認められるはずです。しかし、幾何学図形をアレンジしたようなロゴの場合は、予測が難しく、ケースバイケースになると考えられます。

このように、ロゴマークには商標権と著作権の両方が発生する場合があります

実際には、ケースバイケースになりますが、「商標の問題がなくても、著作権の問題があるかもしれない」といった視点を持つことは、商標担当者には必要だと思います。
なお、周知・著名な他人のロゴとの関係においては、不正競争防止法の問題についても、留意すべきでしょう。


| 著作権 商標実務で知っておきたい10のポイント |