| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

Q8:意見書や補正書にも著作権ってあるの?

ANSWER

商標登録出願に関する意見書・補正書については、いずれも、方式的な部分や、ありふれた表現部分には、著作物性が認められないでしょう

ただし、意見書の【意見の内容】に記載したオリジナルの文章については、「思想又は感情を創作的に表現したもの」として、著作権が認められ得ると考えられます。

補正書の場合は、そもそも創作として独自性を発揮する箇所がないと思われますので、著作物性は認められないでしょう。

特許事務所に勤務する弁理士や、企業知財部の社員が上記のような意見書を作成した場合、職務著作として、著作権はその特許事務所や企業に帰属することが考えられます。

なお、庁提出書類の著作権については、弁理士の間でも疑問になることはあるものの、議論されることはほとんどない状況です。その役割や目的に照らせば、仮に著作物として著作権が認められた場合であっても、その権利行使はきわめて限定されるのではないかと思われます。


| 著作権 商標実務で知っておきたい10のポイント |