| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

Q1-13:ある企業から、弁護士名で商標権侵害に関する警告書が送られてきてパニックになっています。どうしたらいいでしょうか?

ANSWER

まずは落ち着いて、警告書の内容をしっかりと隅々まで読んでください。

そして、根拠とされている商標権が間違いなく存在しているか、存続期間は有効か、権利者は正しいか、
貴社が商標を使用している商品やサービスが、その商標権の権利範囲に含まれるかを確認してください。

これらに間違いなければ、具体的な商標の類似性や、貴社の商標使用態様を検討することになります。
そのために取り急ぎ、弁理士や知的財産権の得意な弁護士にご相談されることをお勧めいたします。