| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

ネーミング案の絞り込みで大切なこと(ネーミング調査)

ネーミング案が多くて、絞り込みにお困りではありませんか?

ネーミング案が出すぎて悩んでいる人のイメージ

ビジネスでは、商品名・サービス名・会社名・店舗名など、様々なネーミングの場面に直面します。「なかなか良いネーミングが思い付かない」ことも少なくない中、一般的には複数のネーミング案が候補として挙げられるのではないでしょうか。場合によっては、「たくさん案が出すぎて逆に困っている」という方も、いらっしゃるかもしれません。

このような場面では、マーケティングの観点、親しみやすさ、覚えやすさ、自分のお気に入り具合など、様々な要素からネーミングの最終決定をしているものと思われます。

でも、ちょっと待ってください。このようなネーミングは「商標」にもなるものです
ですから、ネーミング案の絞り込みをする際は、商標制度のルール、特に「商標登録」を意識することが重要となります。

商標登録を意識したネーミング案の絞り込み

商標登録を意識したネーミング案の絞り込みには、2つの観点があります。

他人の商標登録という観点

1つは、他人の商標登録を意識することです。

もし、採用したネーミングと同じか、似ている商標が誰かに登録されていたら、これを使うことは商標権の侵害となってしまいます。つまり、実質的に「使えなくなる」ことを意味します。商品パッケージや、包装箱・カタログ・チラシなどをお金をかけて作った後で、これが発覚したら大変ですね。

このような観点から、ネーミング案の絞り込みにあたってはまず、他人がそのネーミングを先に商標登録していないか、すなわち、そのネーミングを使っても商標権侵害の観点から問題がないか、という点を事前にチェックすることが大切なのです。

自分の商標登録という観点

もう1つは、自分の商標登録を意識することです。

そのネーミングが商標にもなる場合、長年使っていくものになりますし、そこにはお客様の信用が蓄積されていきます。そういった信用を守るためにも、商標登録は必須と言えるでしょう。

しかし、どんなネーミングにも商標登録が認められるわけではありません
たとえば、そのネーミングと同じか、似ている商標が他人によって先に登録されていると、申請をしても商標登録は認められません

また、そのネーミングが商標として機能し得ない場合、たとえば、それが使用する商品やサービスの内容・性質・特徴を示すものにすぎないような場合にも、商標登録は認められません。このような表示は、取引において誰もが使う必要がありますので、特定の人に独占させるのは妥当ではないからです。したがって、このようなネーミングは、商標登録はできなくとも自由に使うことはできます。ただし、他人が使う行為に対しては文句が言えませんので、ブランド化は非常に難しくなります。最終的に採用するネーミングとしては、避けたいところです。

このような観点から、ネーミング案の絞り込みにあたっては、そのネーミングが商標登録できる可能性という点についても、事前にチェックすることが大切になります。

実際には、商標自体の同一性や類似性だけでなく、商品やサービスの共通性も含めた上で判断がされます。


当事務所のライト調査が、絞り込みにはピッタリです!

ライト調査のイメージ

当事務所では、ある商標について、①商標登録ができそうか②使っても他人の商標権を侵害する問題がなさそうか、という点を精査し、結果をご報告する商標調査サービスをご提供しております。商標調査によって、上記のネーミング案の絞り込みの際に注意したいポイントをカバーすることができます。

ネーミング案の絞り込みにあたっては、当事務所の商標調査のうち、低価格で手軽に結果を知ることができる「ライト調査」のオプションが適しておりオススメです。

ライト調査の概要

1.調査内容

調査内容は、下記のようになります。

・特許庁の提供する商標データベース「J-PlatPat」を用いて、商標の登録可能性と使用可能性を簡易的に調査いたします。
・調査には、商標の識別力の簡易的な検討も含まれます。
・調査結果は、5つのランクでの「結論」と、 簡易的なコメントを添えて、Eメールにてご報告いたします。

※複数あるネーミング案をまずふるいにかけるという点で便利です。
※当事務所は商標専門です。調査経験の豊富な弁理士が実施いたします。
※クオリティには自信がありますが、あくまで「簡易調査」という位置付けのサービスとなる点をご了承ください。より詳細なコメントや精度の高い調査結果が必要な場合は、「通常調査」をあらためてご依頼願います。

2.料金

1ネーミング: 7,000円/1類似群

※類似群について

 類似群とは、商標実務において商品やサービスに付与されるグループコードのことを言います。たとえば、「ハンバーガー」には「30A01」というコード、「フライドポテト」には「32F04」というコードが付きます。商標調査はこの類似群ごとに実施されるため、商標をどのような商品・サービスに使うかによって、料金が変動することになります。

 上記の例では、「ハンバーガー」だけの調査なら、1類似群で7,000円となります。「フライドポテト」についても調査する場合は、2類似群で14,000円となります。
なお、たとえば「サンドイッチ」は、「ハンバーガー」と同じ「30A01」の類似群となりますので、「サンドイッチ」と「ハンバーガー」を調査する場合は、1類似群の料金となります。

 一般の方には馴染みがないものです。まずは無視していただき、お見積りをご依頼下さい。

※上記は税抜価格です。
※商品・サービスによっては、複数の類似群が付くものがあります。このような場合の料金については、できるだけ負担が大きくならないよう調整させていただきます。
5ネーミングのご依頼で1割引10ネーミングのご依頼で2割引とさせていただきます。なお、予想される作業量に応じても別途ディスカウントを検討させていただきますので、まずはお見積りをご依頼ください。

3.納期

原則として、ご依頼より6営業日以内。
通常は、3営業日程度で結果をご報告しております。

4.お申し込み方法

まずは、以下のフォームよりご連絡ください。
Eメールにて、お見積りをお送りいたします。
お見積り等に納得いただけましたら、あらためて正式ご依頼の旨をご連絡ください。

かんたん問い合わせフォーム

※フォーム入力について

・「お問い合わせの種別」は、「お問い合わせ」をお選びください。

「内容欄」には、お見積りに必要となる以下の事項を必ずご記入ください。
① ライト調査をご希望である旨
② 調査対象となるネーミング
 正確なお見積りのため、差支えなければ、具体的なネーミングをすべてご教示ください。
 難しい場合は、ネーミングの数をお知らせくださいませ。
 なお、弁理士には厳しい守秘義務が課されておりますので、ご安心ください。
③ ネーミングを使用する商品・サービス
 できるだけ具体的にご教示ください。 (例)×:食品  〇:菓子、パン、お弁当・・・