| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

紫苑商標事務所と担当弁理士の5つの強み・選ばれる理由

当事務所の5つの強み

紫苑商標特許事務所は、設立後間もない小規模の個人事務所です。
ですが、だからこそ、大きな特許事務所や大手特許事務所にも負けない強みがあります。

ポイント:商標専門の特許事務所

商標専門の特許事務所

当事務所は、日本でも数少ない商標を専門とする特許事務所です

担当の弁理士も商標分野に完全特化しています
ですから、経験に裏付けられた質の高いサービスにご期待いただけます

個人事務所や新興事務所では、特許分野を主業務とする弁理士が「ついでに」商標を格安料金で取り扱っていることも少なくありません。当事務所の料金は格安ではありませんが、その理由は、専門性を持って、1件1件を大切に、丁寧に対応しているからです。

なお、当事務所の弁理士は、商標だけでなく、著作権法や不正競争防止法の分野にも精通しておりますので、多角的な面からのアドバイスが可能です。
(※著作権等の業務については、弁理士の取扱い可能な範囲に限られます。)

ポイント:弁理士が直接対応

弁理士が直接対応

当事務所では、商標を専門とする弁理士が全ての案件を担当いたします

只今のご依頼については、代表弁理士の永露が全ての案件を担当させていただきます
(→ 代表弁理士のプロフィール)。

当事務所では、弁理士資格を持たないスタッフが見えないところで密かに補助・対応するということは一切ありません。また、複数の弁理士が主担当を決めずに、たらい回しで担当するといった心配もありません。

ですから、より依頼人に密着した親身なサービス提供が可能であり、安心してご依頼いただけます

ポイント:若さと経験

若さと経験

弁理士の平均年齢は約50歳であるところ、当事務所の代表弁理士である永露は30代半ばで約10年の経験があります

永露は、初めから商標専門の弁理士として、これまでに大手特許法律事務所の商標部、都内の商標専門事務所で多くの案件に携わり、地道に修行を積んでまいりました。このようなキャリアを持った同世代の弁理士は、日本でもほとんどいないと思われます。

「更新」制度がある商標の案件は、長く続くものです。また、商標の業務は、世の中の最新トレンドや雑学にも精通している必要があり、若い世代の方が向いているといえます。
当事務所弁理士の持つ若さと経験は、依頼人との長期に渡るお付き合いを可能にし、話しやすさ、相談のしやすさという点でも、強みであると考えています

ポイント:元SEの緻密さとスピード

元SEの緻密さとスピード

当事務所の代表弁理士の前職は、SE(システムエンジニア)でした。

SEには正確で完璧な仕事が求められます。たとえば、プログラムのソースコードを1文字打ち間違えるだけでも、処理はエラーとなり、システム全体に甚大な影響を及ぼします。ですから、「うっかりミス」がいかに許されないかを、身をもって実感しております。

また、納期のある仕事ですから、膨大な作業を一定期間でこなすスピードがいかに重要であるかについても、十分に理解しています。

このように、厳しい環境で培われた仕事のスタイルは、弁理士業務でも依頼人の皆様に大いに役立っています。「正確・丁寧でスピードもある」のは、当事務所の強みの一つだと自負しております。

ポイント:高いセキュリティ意識

高いセキュリティ意識

オンライン、オフラインを問わず、当事務所が重視しているのは、リスク分析やリスク回避といった、いわゆるセキュリティに関する事項です

もちろん、商標業務においても、当事務所の推進する「商標セキュリティ」の観点からアドバイスをさせていただきます。

たとえば、ある商標について「登録できるかできないか」という点だけでなく、「登録できたとしても予測されるリスクはないか」といった点も考慮した上で、適切なアドバイスをさせていただくことを心がけております。

教科書通りの回答や優等生の回答ではない、独自の視点からのアドバイスができるのも、当事務所が高い専門性と経験を有しているからです



お問い合わせはこちらから

当事務所へのご相談、ご依頼がある場合は、以下の「かんたん問い合わせ」フォームよりご連絡ください。
初回のご相談は無料ですので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

かんたんお問い合わせ