| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標登録の拒絶対応サービス

拒絶理由通知や拒絶査定が来て、お困りではありませんか?

拒絶理由通知拒絶査定謄本が送られて来て、お困りではありませんか?

当事務所では、登録拒絶対応の代行をお引き受けいたします。
適切な反論や手続によって拒絶理由を解消し、最終的な登録を目指します。

 すぐに拒絶対応のご依頼・ご相談をされる場合はこちら


拒絶理由は解消することが可能です

商標登録の申請(出願)をすると、その内容が特許庁の審査官にチェックされます。

そして、審査官が、商標などに登録できない理由があるとの印象を抱いた場合、
出願人の元へ送付されるのが「拒絶理由通知」です。

拒絶理由通知が来ても、ただちに商標登録をあきらめる必要はありません!!

審査官は、最初は原則的なルールに基づいてチェックを行ないますので、判断が「グレー」の場合は、とりあえず通知を発する傾向があります。 したがって、申請した商標に登録が認められるべき旨を、具体的な理由を挙げて論理的に、丁寧に説明して、審査官を納得させることができれば、拒絶理由は撤回され、登録を受けることは可能なのです。

また、拒絶理由が審査官の補正指令に基づく軽微な内容であれば、指示通りに対応することで、そのほとんどを解消することができます。


ただし、自力での対応は難しいです

経験のない方が自力で拒絶理由通知に対応するのは難しく、おすすめすることはできません!!

対応の時間的制限(原則として、通知から40日以内)があるほか、書類の作成方法や実際の手続にも細かなルールがあり、決して簡単にできるものではありません。

特に、意見書を作成して商標の非類似を主張する場合、その根拠や裏付けとなる深い商標の専門知識や実例を知っておく必要がありますので、初めての方にとってはきわめてハードルが高いと言えます。

商標登録の申請手続を特許事務所に依頼せず、ご自身で済ませる方も少なくありませんが、拒絶対応については、必要とされるレベルが大きく異なるのです。

すぐに特許事務所に対応(代行)を依頼することが得策です!!


当事務所のサービス

当事務所では、拒絶応答代行に関する以下のサービスをご提供しております。



① 拒絶理由通知への対応

当事務所では、拒絶理由通知への対応をお引き受けいたします。
主に、意見書や手続補正書を作成・提出して、拒絶理由の解消を目指します。

申請をご自分でされている場合や、別の特許事務所に依頼している場合でも、途中から承ることが可能です。当事務所の弁理士が、専門的な知識と長年の経験に基づき、登録可能性を精査して、可能性が残されている場合には全力で拒絶理由の解消に努めます。

※応答期限間近でのご依頼や、当事務所の依頼人とのコンフリクト(利益相反)がある場合には、お受けできないことがございます。


② 拒絶査定への対応

また、すでにご自身で拒絶理由通知への応答を行なった結果、審査官の最終的な判断である「拒絶査定」が出されてしまった場合にも、対応が可能です
まだ、あきらめるのは早いです!

拒絶査定が出されてしまった場合でも、審判請求という不服申立ての道が開かれており、これによって商標登録が認められることも少なくありません。実際に、拒絶査定不服審判では、約7割に「登録を認める」との判断がされています

※請求期限間近でのご依頼や、当事務所の依頼人とのコンフリクト(利益相反)がある場合には、お受けできないことがございます。


ご依頼・お問い合わせ

拒絶理由通知や拒絶査定への対応でお困りの場合、まずはご相談ください。

ご相談等は、以下のフォームから簡単に行なっていただけます。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。初回のご相談は無料です。
 ご依頼までの流れ

かんたんお問い合わせ

ご相談の回答に有料となる詳細な検討が必要な場合、事前にその旨のご連絡をいたしますので、突然ご請求が発生するようなことはございません。どうぞご安心ください。