| サイトマップ | | プライバシーポリシー |

お問い合わせはこちら

商標権侵害への対応

商標権に関するトラブルは、ある日突然起こります

特に、警告書が内容証明で届いた場合には、気が動転してしまいがちです。

自分が侵害している側なのか、侵害されている側なのかによって対応は変わりますが、いずれの場合でも、まずは落ち着いて、事実関係の確認を行なうようにしてください

当事務所では、商標権侵害への対応についても承っております。
裁判に発展させない円満な解決を目指して、相手方との交渉等を代行いたします。

 すぐに商標権侵害対応のご依頼・ご相談をされる場合はこちら


迅速な対応が何よりも大切です!!

商標権侵害の場面では、侵害者側または被侵害者側の立場となります。
いずれの立場となった場合でも、大切なのは「すぐに行動を開始する」ことです。

ただし、「すぐに行動する」といっても、感情的になって相手方に電話をかけてクレームを述べたり、パニックになって相手方に問い合わせをしたりすることは絶対に控えてください。後々、訴訟になった場合に不利にならないよう、相手方とのやり取りは証拠として残せる書面で行なうことが望ましいからです。

特に、被侵害者側となった場合、相手方の行為が商標権を侵害すると決めつけて、取引先などに通達するようなことは絶対にお控えください。結果として商標権侵害とならなかった場合、相手方の営業上の信用を害する不正競争行為として、逆に責任を負うリスクがあるからです。

まずは、とにかく落ち着いて事実関係をしっかりと把握し、自分または相手方の言い分が理にかなっているかを確認することが大切です。

しかし、商標権の侵害は「商標が類似するか」が主な問題となるところ、これを一般の事業者の方が判断するのはきわめて困難です。したがいまして、いずれの立場の場合であっても、すぐに商標専門家のいる特許事務所や法律事務所にご相談されることを強くお勧めいたします。弁護士や弁理士の代理人を立てることによって、相手方にも本気度や誠意が伝わります。

すぐに特許事務所や法律事務所にご相談ください

警告書が届いた場合、自分の単独判断で放置・無視するようなことはお控えください。悪質な「言いがかり」である可能性ももちろんありますが、相手方が本気であれば、放置・無視することで即刻訴訟が提起されることもあり得るからです。「正しい、間違っている」の話以前に、人間は感情の生き物であることを忘れてはいけません。


当事務所のサービス

当事務所では、代理人として商標権侵害への対応を承ります。

まずは、依頼人と協力して事実関係を確認し、商標権侵害の成否について慎重に精査した上で、見解や対応策を提示させていただきます。そして、必要に応じて回答書や警告書(お伺い書)を作成、相手方に送付し、事件の解決に向けて交渉を進めてまいります。

当事務所では、訴訟の提起という最悪のシナリオを迎えないよう、慎重かつ迅速に、当事者間の円満な解決を目指します

いずれにしても、時間との勝負になることが多いため、トラブルが生じましたら、すぐにご相談ください。

※相手方が当事務所の依頼人や関係者となる場合や、その他の特別な事情がある場合には、事件をお受けできないことがございます。


ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・ご相談等は、以下のフォームから簡単に行なっていただけます。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
 ご依頼までの流れ

かんたんお問い合わせ


※こちらもご参照ください お問い合わせの前に、ぜひお役立てください。